笑う時にできる目の下にシワ。

よく笑っている証拠なのでいいのかもしれませんが、笑顔になるたび気になりますよね。
写真を見るたびがっかり・・・という人も多いと思います。

残念ながら、笑うとできる目の下のシワは完全に消す事ができません。
しかし、シワを目立たなくする事はできます。

この記事でわかること
・完全にシワを消すことができない理由
・シワを薄くするケア方法

毎日のケアをしっかりと行って、シワを目立たなくしてくださいね。

できてしまった目の下のシワは消せないの?

シワが消えるかどうかは、そのシワの状態によります。
具体的には、どれくらい皮膚構造を変化させているのかによります。

シワの深さ

シワの深さ

たとえば、乾燥が原因でおこるちりめんジワ。
表面的なちりめんジワであれば、乾燥が原因なのでしっかりと保湿すれば消えます。

しかし、線としてくっきり見えるシワは、真皮の構造も変化しているので消すことはとても難しくなってしまいます。

完全にシワを消すには、美容医療の処理しかありません。

美容医療とは
メスや注射を使って、医師による施術が行われる医療。
(美容整形や脂肪吸引、ヒアルロン酸注射など)

美容医療は効果がありますが、1回数十万と高額です。

保湿することで皮膚の柔軟性を整えれば、くっきりとしたシワでも目立ちにくくすることはできます。
まずは普段のスキンケアを見直して、目の下の保湿する事を心がけてみてください。

テープで伸ばすとシワを消えるの?

シワ テープ 消える理論上は消す事ができます。
ただ、深いシワを完全に消す事はできません。

皮膚の性質として、肌を伸ばした状態で長時間放置すると、構造もその状態に合わせてゆっくり作り直されると考えられています。

小さい構造の変化であれば、シワを目立たなくする事は可能です。

ただ、真皮の構造が変わるまでには数週間の時間がかかります。
イメージとしては、切り傷を負ったときに皮膚が治りきるまで時間がかかるのと同じです。

また残念なことに、目尻のシワや額のシワなど、くっきりと刻みこまれたシワをテープで完全に消すことはできません。

皮膚の構造変化が大きすぎるため、たとえテープを1ヶ月貼りっぱなしにしても消えることはありません。

保湿のための化粧品の選び方

基本的に化粧品を選ぶ際は、

  • 効能
  • 使用感の好み

で選ぶとよいでしょう。

また、化粧水、乳液、美容液など目的によっても様々な化粧品がありますが、基本的に同じメーカーのものを使う事をおすすめします。

同じメーカーであれば使用感や馴染みがよく、肌への効果も高くなります。

信頼しているメーカーのものをライン使いして試してみるのが一番良いのですが、コストが気になる方はジェルで済ませるのもひとつの手です。

化粧水から美容液まで全ての役割をカバーしてくれるため、メーカーによる違いを気にする必要はありません。

時短ケアも可能なので、時間がなかなかとれない人にも便利です。

保湿効果の高いジェルであれば、最近だとフラバンジェノールを含むものがおすすめです。